【2021年9月開講】受講生募集のご案内

受講希望の方へのお知らせ, 新着情報説明会

【3月31日更新:説明会参加申し込みフォームを追加しました。】

全学大学院副専攻プログラムである「科学技術インタープリター養成プログラム」では、2021年9月開講の第17期受講生を募集します。以下のスケジュールで説明会や選 ...

記事を読む

2021年度Sセメスター プログラム科目時間割 公開

受講生へのお知らせシラバス

2021年度 Sセメスター時間割

※2021年Sセメスターは、基本的にオンラインで開講します。受講のためのURLは、UTASで確認して下さい。

月火水木金土1限

8:30〜10:152限

10:2

記事を読む

修了論文一覧/2020年度

修了論文アーカイブ修了論文

2020年度は9名がプログラムを修了しました。

13期生金子秋穂(総合文化研究科博士課程)ゲノム編集食品の社会実装をめぐる専門家と非専門家のギャップとコミュニケーション14期生野村一貴(教育学研究科博士課程)地域づくり活動におけ ...

記事を読む

【告知】シンポジウム「科学技術コミュニケーションの16年」(2021年3月15日オンライン開催)

公開イベントのお知らせ, 新着情報イベント

科学技術インタープリター養成部門が所属する教養教育高度化機構では、毎年シンポジウムを開催しています。今年度は当部門が中心となって、オンラインで以下の通り開催致します。お誘いあわせのうえ是非ご参加ください。

【タイトル】

記事を読む

連載エッセイVol.160を掲載しました

連載エッセイ廣野喜幸

パンデミックの科学コミュニケーション廣野喜幸

科学コミュニケーションは、パンデミック対策にどのような貢献ができるのだろうか。

20世紀以降、世界で100万人を越す人々が亡くなったパンデミックが何回あったか、ご存じだろうか。ス ...

記事を読む

連載エッセイVol.159を掲載しました

連載エッセイ鳥居寛之

原発事故とコロナ禍と鳥居寛之

災害は忘れる暇もなくやってくる。東日本大震災、数々の台風被害に地震災害、そしてこのコロナ禍である。武漢での感染拡大が報じられていた今年1月の時点で、その後、世界中を封鎖に巻き込む一大事にまで発展すると一体誰 ...

記事を読む

連載エッセイVol.158を掲載しました

連載エッセイ藤垣裕子

ウィズ・コロナの科学コミュニケーション藤垣裕子

8月なかばに毎日新聞大阪社会部の記者から取材申し込みがあり、大阪府知事と大阪市長がうがい薬の使用を呼びかけた結果、買い占め行動までおきたことへのコメントを求められた。府立病院機構運営の大阪 ...

記事を読む

PAGE TOP