連載エッセイVol.145を掲載しました

連載エッセイ松田恭幸

日曜日に新聞を松田恭幸

海外で新聞を買おうと売店に行ったとき、新聞の厚さに驚いたことがないだろうか。特にアメリカやイギリスの日曜日の新聞の厚さは格別で、日本の新聞の元旦号のようなインパクトがある。イギリスでは日曜日は日刊紙の The T ...

記事を読む

連載エッセイVol.144を掲載しました

連載エッセイ孫大輔

映画とダイアローグ孫大輔

映画にはいつも「対話(ダイアローグ)」がある。それは人が「物語る」存在だからである。映画がどれほど高技術・高予算になろうとも、ストーリーの核となり心をゆさぶるのは登場人物(たち)の語り、すなわちダイアローグであ ...

記事を読む

科学コミュニケーション・コロキアム(第1回)を開催しました

お知らせ

No Image

7月30日(火)15時より、アドバンストリサ―チラボラトリー410教室にて、第1回「科学コミュニケーション・コロキアム」を開催しました。講師は滋賀大学教育学部・加納圭准教授で、ご発表のタイトルは「よりインクルーシブな科学コミュニケーシ ...

記事を読む

連載エッセイVol.143を掲載しました

連載エッセイ定松淳

科学者は変わるか定松淳

というのは、昨年亡くなった科学史家の吉岡斉さんの著作のタイトルだ。『原子力の社会史』で知られる吉岡さんだが、その若き日の実質的なデビュー作である。

私がこの本を初めて読んだのは、大学院の修士課程の時だ ...

記事を読む

連載エッセイVol.142を掲載しました

連載エッセイ内田麻理香

駒場博物館の「源平桃」内田麻理香

駒場Ⅰキャンパスが職場となり、一年が過ぎた。このキャンパスでは、四季折々の草花が目を楽しませてくれる。4月の初め、源平咲きをする樹を見つけた(写真)。源平咲きとは、一本の樹に赤と白の花が咲くことをいう。 ...

記事を読む

連載エッセイVol.141を掲載しました

連載エッセイ佐倉統

あらためて、専門家と社会のギャップを考える佐倉統

2年前から理化学研究所の革新知能統合研究センター(略称AIP)を兼務している。人工知能(AI)と社会や倫理の関係を研究するグループの一員である。

AIには昔から興味があって、 ...

記事を読む

2018年度研修旅行記の公開

お知らせ, 受講希望の方へのお知らせ研修旅行

「科学技術インタープリター論I」(担当教員:黒田玲子教授)では、科学技術と関連の深い地域や施設を訪ね、現地の方や専門家との議論を通して、科学と社会のつながりについて学びを深めるため、毎年1泊2日の研修旅行に行きます。受講生が事前学習を ...

記事を読む

PAGE TOP