第1回公開シンポジウム「研究を『正しく』伝えるとはどういうことか〜理解増進と評価の落とし穴〜」

2006symposium.jpg開催日: 2006年12月2日(土)

開催場所: 六本木アカデミーヒルズ40キャラントB

 

 

<プログラム>

司会:佐倉 統 東京大学大学院情報学環助教授

 

第1部 科学の「正しさ」と評価

 

文化としての科学をいかに醸成し伝えるか

 黒田 玲子 東京大学大学院総合文化研究科教授

 

科学的事実と科学史的意味との相克 ~ 冥王星問題

 松井 孝典 東京大学大学院新領域創成科学研究科教授

 

評価の陥穽:研究者倫理だけで不祥事はなくなるか

 村上 陽一郎 東京大学特任教授/国際基督教大学教授

 

第2部 インタープリター教育にどう活かすか

 

科学技術コミュニケーター養成とは ~ カリキュラム検討

 廣野 喜幸 東京大学大学院総合文化研究科助教授

 

理解増進の落とし穴 ~ 狂牛病を事例として

 石浦 章一 東京大学大学院総合文化研究科教授

 

PUS(科学の公衆理解)論より ~ わかりやすさと「善意の陰謀」

 藤垣 裕子 東京大学大学院総合文化研究科助教授

 

パネル討論

 


PAGE TOP