【告知】シンポジウム「科学技術コミュニケーションの16年」(2021年3月15日オンライン開催)

科学技術インタープリター養成部門が所属する教養教育高度化機構では、毎年シンポジウムを開催しています。今年度は当部門が中心となって、オンラインで以下の通り開催致します。お誘いあわせのうえ是非ご参加ください。

【タイトル】
「科学技術コミュニケーションの16年-東日本大震災10年とコロナ禍のなかで-」

【日時】
2021年3月15日(月)13:00~17:10

【会場】
Zoomウェビナーにて開催(申込後、開催前日にURLをご連絡します)

【定員】
申し込み先着200名(参加費無料)

【申し込み先】
こちらのフォームに必要事項をご入力ください

【企画主旨】
コロナ禍のなかで、科学と社会の関係、科学コミュニケーションのあり方が改めて問い直されている。2005年から政府の振興政策で種の蒔かれた日本の科学コミュニケーション教育は、東京大学では後期教養教育の一環に位置づけられるなど、単なる科学研究のアウトリーチにとどまらない広がり・意味を持つようになってきた。東日本大震災・福島第一原子力発電所事故の経験も踏まえながら、今後を展望したい。

【プログラム】
司会:内田麻理香(科学技術インタープリター養成部門特任講師)

13:00~13:20 開会挨拶
太田 邦史(総合文化研究科長・教養学部長/総合文化研究科教授)
松尾 基之(教養教育高度化機構長/総合文化研究科教授)

13:20~14:20 第1部 歴史と成果
杉山 滋郎(北海道大学名誉教授/北海道大学CoSTEP初代代表)
「何を目指してきたのか ―日本の「科学コミュニケーション」をふりかえり課題を探る」

「プログラム修了生の声」
北海道大学・科学技術コミュニケーター養成ユニット修了生
早稲田大学・科学技術ジャーナリスト養成プログラム修了生
東京大学・科学技術インタープリター養成プログラム修了生

黒田 玲子(中部大学特任教授/東京大学名誉教授/2007-11年度科学技術インタープリター養成プログラム代表)
「コメント:設立当事者の一人として」

14:50~15:40 第2部 東日本大震災とコロナ禍
坂東 昌子(NPO法人あいんしゅたいん理事長/愛知大学名誉教授)
「21世紀の科学と市民 -TEPCO事故とコロナ禍から学ぶ」

藤垣 裕子(総合文化研究科教授/2012-14年度科学技術インタープリター養成プログラム代表)
「大震災とコロナ禍が提起する「科学者の社会的責任」の課題」

16:10~17:00 第3部 パネルディスカッション

17:00~17:10 閉会挨拶
廣野 喜幸(総合文化研究科・情報学環教授/科学技術インタープリター養成プログラム代表)

【主催】
東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属教養教育高度化機構

【問い合わせ先】
科学技術インタープリター養成部門
info(a)science-interpreter.c.u-tokyo.ac.jp
*(a)を@に換えてご送信ください。


PAGE TOP