人工知能が浸透する社会について考える

授業目標・概要

「人工知能」が新聞紙面で見ない日はないほど、自動運転・農業・医療・金融・サービス業等様々な人工知能が紹介され、社会的な関心は高まっています。そのため、国内外で人工知能技術の開発初期段階からの原則策定や、技術の倫理的、法的、社会的影響(Ethical, Legal and Social Implications)の議論が行われています。このような議論には多様な分野の知見が求められており、今後、情報系研究者も倫理・法・社会的知見を持つこと、政策関係者や実務家、人文・社会科学の研究者も情報技術に関する知見を持つことが必要となります。

本授業では、「どうやったら技術を社会に受容してもらえるのか」「技術が私たちの社会をどう変えてしまうのか」という技術決定論的あるいは受け身な態度ではなく、「どのような社会を目指し、そのために技術や人は何ができるか」といった視点から「人工知能と社会」における論点を考えます。そのため、人工知能関連技術と密接に関係する分野や学問領域で話題提供いただくゲスト講師をお招きします。

担当教員

江間有沙(総合文化研究科 非常勤講師/ 政策ビジョン研究センター 特任講師)
講義名:現代科学技術概論Ⅲ

國吉康夫 (情報理工学系研究科 教授/次世代知能科学研究センター長)
講義名:GCL情報理工学特別講義Ⅲ

佐倉統(情報学環 教授)
講義名:文化・人間情報学特論XXII

城山英明(公共政策大学院 教授)
講義名:事例研究(人工知能と社会)

本授業は総合文化研究科、情報理工学系研究科、情報学環・学際情報学府、公共政策大学院の合併授業です。また、グローバル・クリエイティブリーダー育成プログラム(GCL)、科学技術イノベーション政策の科学教育プログラム(STIG)の学生も受講できます。東京大学の各研究科の大学院生のみが受講できます。

講義概要