教員が『学内広報』に連載するリレー・エッセイ。カテゴリID=4

連載エッセイ

Thumbnail of post image 097

納得と説得鳥居寛之

秋になり、ひとまずコロナの感染状況は落ち着いた。夏にはあれほどの感染爆発が起きていたのに、ふと気がつくと第五波はあっという間にしぼんでいった。そのこと自体は歓迎すべきことだが、どうも解せない。なぜあんなにも急速に拡大 ...

連載エッセイ

Thumbnail of post image 190

OEDと市民科学とgoogleと松田恭幸

ある休日、世界最高峰の英語辞書と名高いオックスフォード英語辞典(OED)の編纂過程を描いたノンフィクション『博士と狂人』(ハヤカワ文庫)を読んでいると、次のような文章が目に留まった。

連載エッセイ

Thumbnail of post image 177

Inter-Dictionaryをつくろう豊田太郎

私が運営委員を務める先進基礎科学推進国際卓越大学院教育プログラム(コーディネーター:福島孝治教授)がこの春に3期生を迎え、プログラム生は30名を超えた。様々な学問分野で「基礎科学を深め ...

連載エッセイ

Thumbnail of post image 056

マンガが現実になるとき佐倉統

Eubrontes nobitai (エウブロンテス・ノビタイ)――中国で足跡化石が見つかった新種の恐竜の学名だ。発見者の邢立達(Xing Lida)准教授(中国地質大学北京校)は子供の頃から『ドラえもん』 ...

連載エッセイ

Thumbnail of post image 095

科学エッセイの授業—ロゲルギストをお手本に内田麻理香

ロゲルギストという名をご存じだろうか。ロゲルギストとは、1951年から1983年頃まで活動した物理学者の同人会である。計7名の物理学者が集まり、様々な日常現象をテーマに科学的視点から ...

連載エッセイ

Thumbnail of post image 112

化学愛と化学物質過敏症定松淳

月に今年は8名の受講生がプログラムを修了した。今回はそのなかの1人、F君のことを話したい。

F君は工学部で化学を専攻しており、その化学愛は同期のなかでも際立っていた。当プログラムでは受講開始のセ ...