「連載エッセイ」カテゴリーの一覧

連載エッセイVol.160を掲載しました

連載エッセイ廣野喜幸

パンデミックの科学コミュニケーション廣野喜幸

科学コミュニケーションは、パンデミック対策にどのような貢献ができるのだろうか。

20世紀以降、世界で100万人を越す人々が亡くなったパンデミックが何回あったか、ご存じだろうか。ス ...

記事を読む

連載エッセイVol.159を掲載しました

連載エッセイ鳥居寛之

原発事故とコロナ禍と鳥居寛之

災害は忘れる暇もなくやってくる。東日本大震災、数々の台風被害に地震災害、そしてこのコロナ禍である。武漢での感染拡大が報じられていた今年1月の時点で、その後、世界中を封鎖に巻き込む一大事にまで発展すると一体誰 ...

記事を読む

連載エッセイVol.158を掲載しました

連載エッセイ藤垣裕子

ウィズ・コロナの科学コミュニケーション藤垣裕子

8月なかばに毎日新聞大阪社会部の記者から取材申し込みがあり、大阪府知事と大阪市長がうがい薬の使用を呼びかけた結果、買い占め行動までおきたことへのコメントを求められた。府立病院機構運営の大阪 ...

記事を読む

連載エッセイVol.157を掲載しました

連載エッセイ内田麻理香

自らの偏りを自覚せよ内田麻理香

新型コロナウイルスについて、「専門家」や「有識者」が次々とメディアに登場し、しかも異なることを主張している。何を、誰を信じたら良いのだろうかと戸惑う。

新型コロナウイルスのような、未知のウイル ...

記事を読む

連載エッセイVol.156を掲載しました

連載エッセイ豊田太郎

Responsible Research and Innovationの当事者意識豊田太郎

縁あって科学技術インタープリター養成プログラムに参画させていただいて4年になる。この間、本プログラムの講義や様々な活動に触れたり、マスメディアに ...

記事を読む

連載エッセイVol.155を掲載しました

連載エッセイ松田恭幸

理科教育にもっと実験を松田恭幸

この原稿を書いている時点ではCovid-19の流行は収まる気配を見せておらず、世界中の人々がこれまでとは異なった形で生活をおくることを余儀なくされている。そうした中で、先日報じられた「新型コロナウイルスに ...

記事を読む

連載エッセイVol.154を掲載しました

連載エッセイ佐倉統

科学技術と政治的判断佐倉統

この原稿を書いているのは2020年5月30日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の被害が広まっている最中だ。数か月前から世界中で同じ病気が蔓延していて、その対応策次第で各国首脳への国民からの支持に明 ...

記事を読む

PAGE TOP