「連載エッセイ」カテゴリーの一覧

連載エッセイVol.148を掲載しました

連載エッセイ鳥居寛之

自然災害と地球温暖化鳥居寛之

今年の夏は猛暑であった。そして自然災害が猛威を振るった年でもあった。わが国では相次ぐ台風による大規模な被害が記憶に新しい。

異常気象という言葉が日常になり、数十年に一度の災害が毎年頻発する背景に ...

記事を読む

連載エッセイVol.147を掲載しました

連載エッセイ藤垣裕子

 

インタープリターとしてのフレディ・マーキュリー藤垣裕子

英国のロック・バンド『クイーン』のヴォーカル、フレディ・マーキュリーは楽曲における優れたインタープリターであった。曲の良さを聞き手に届けるためにどういう歌 ...

記事を読む

連載エッセイVol.146を掲載しました

連載エッセイ豊田太郎

ScienceとFictionの協奏豊田太郎

講義でも学会・研究会でも、スクリーンに映し出された図や記号を指しながら「このヒトがこう動いて…」と話される教授や講師をよく見かける。顧みると私もそうだ。学生に「この分子の気持ちを考えて…」と ...

記事を読む

連載エッセイVol.145を掲載しました

連載エッセイ松田恭幸

日曜日に新聞を松田恭幸

海外で新聞を買おうと売店に行ったとき、新聞の厚さに驚いたことがないだろうか。特にアメリカやイギリスの日曜日の新聞の厚さは格別で、日本の新聞の元旦号のようなインパクトがある。イギリスでは日曜日は日刊紙の The T ...

記事を読む

連載エッセイVol.144を掲載しました

連載エッセイ孫大輔

映画とダイアローグ孫大輔

映画にはいつも「対話(ダイアローグ)」がある。それは人が「物語る」存在だからである。映画がどれほど高技術・高予算になろうとも、ストーリーの核となり心をゆさぶるのは登場人物(たち)の語り、すなわちダイアローグであ ...

記事を読む

連載エッセイVol.143を掲載しました

連載エッセイ定松淳

科学者は変わるか定松淳

というのは、昨年亡くなった科学史家の吉岡斉さんの著作のタイトルだ。『原子力の社会史』で知られる吉岡さんだが、その若き日の実質的なデビュー作である。

私がこの本を初めて読んだのは、大学院の修士課程の時だ ...

記事を読む

連載エッセイVol.142を掲載しました

連載エッセイ内田麻理香

駒場博物館の「源平桃」内田麻理香

駒場Ⅰキャンパスが職場となり、一年が過ぎた。このキャンパスでは、四季折々の草花が目を楽しませてくれる。4月の初め、源平咲きをする樹を見つけた(写真)。源平咲きとは、一本の樹に赤と白の花が咲くことをいう。 ...

記事を読む

PAGE TOP