「連載エッセイ」カテゴリーの一覧

連載エッセイVol.13を掲載しました

連載エッセイ村上陽一郎

インタープリターの意義村上 陽一郎

大学というのも変ったものである。私は昭和三十二年に駒場に入学し、大学院までずっとこのキャンパスで過ごした。昭和四十八年に助教授として赴任、平成元年に、駒場第二キャンパスの「先端研」に移って平成七年に退 ...

記事を読む

連載エッセイVol.12を掲載しました

連載エッセイ金凡性

飛行機の用途金 凡性

1月20日(日)の朝、私はボルチモアからデトロイトへ向かう飛行機に乗っていた。離陸してから30分ほど経っていたのだろうか、私は窓の外から見えてくる地形に目を奪われてしまった。地面にシワができたように、等高線にすれば ...

記事を読む

連載エッセイVol.11を掲載しました

連載エッセイ黒田玲子

3期生を迎えて黒田 玲子

科学技術インタープリター養成コースも、この10月に3期生を迎えることができた。このプログラムが10月開講なのは、海外と同調した秋に新学年を始める体制をとっているからではない。このプログラムの重要なポイントの一つ ...

記事を読む

連載エッセイVol.10を掲載しました

連載エッセイ橘由里香

取材の心得橘 由里香

先日、趣味で行っているスポーツの全日本大会で優勝した。久しぶりにマスコミの取材を受ける側になったのだが、媒体に応じて自分の話したいことよりも記事にしやすいことを無意識に選んで話しており、職業病だな、と苦笑した。私は ...

記事を読む

連載エッセイVol.9を掲載しました

連載エッセイ石浦章一

科学を解釈する仕事石浦 章一

科学技術インタープリター養成プログラムの授業の1つを紹介しましよう。

私は普段はちゃんと研究をしていますが、総合文化研究科ではとにかくいろいろな役が回ってくるので、私を駒場から来る暇な先生、物書 ...

記事を読む

連載エッセイVol.8を掲載しました

連載エッセイ廣野喜幸

金魚を飼うな、水を飼え―科学技術インタープリターへのささやかな願い―廣野 喜幸

我が家の腕白坊主はお風呂が大嫌いだった。あまりに泣きじゃくるのでいささか心配になり相談してみたところ、専門家曰く「子どもは本来みんなきれい好きですから、心配 ...

記事を読む

連載エッセイVol.7を掲載しました

連載エッセイ長谷川寿一

若者の科学離れをめぐって長谷川 寿一

若者の科学離れが叫ばれて久しいが、それは実際に起こっていることなのか? 先日、有馬元文部大臣の話を聞く機会があったが、「理科離れなんてない。子どもはみんな、科学が好きなんだから」との弁。実際のデータ ...

記事を読む

PAGE TOP