連載エッセイ

Thumbnail of post image 008

オンラインでのコミュニケーション川越至桜

最近、縁あって保護猫と同居することになった。猫は昼夜を問わず、私がパソコンに向かっている間は、こちらの様子を窺いながらも邪魔をすることなく寝ている。しかし、パソコンを閉じ、背伸びをしたり立ち上が ...

公開イベントのお知らせ,新着情報

Thumbnail of post image 156

科学技術インタープリター養成部門が所属する教養教育高度化機構では、毎年シンポジウムを開催しています。今年度は当部門が中心となって、オンラインで以下の通り開催致します。お誘いあわせのうえ是非ご参加ください。

【タイトル】

連載エッセイ

Thumbnail of post image 122

短大生に原発事故を教えた話定松淳

今期のプログラム受講生の間では、科学コミュニケーションにおける低関心層へのアプローチが話題になっている。私は以前、関西の短大で原発事故についての講義(一般教養的な枠で)をしたことがあるので、そのときの体 ...

連載エッセイ

Thumbnail of post image 046

パンデミックの科学コミュニケーション廣野喜幸

科学コミュニケーションは、パンデミック対策にどのような貢献ができるのだろうか。

20世紀以降、世界で100万人を越す人々が亡くなったパンデミックが何回あったか、ご存じだろうか。ス ...

連載エッセイ

Thumbnail of post image 034

原発事故とコロナ禍と鳥居寛之

災害は忘れる暇もなくやってくる。東日本大震災、数々の台風被害に地震災害、そしてこのコロナ禍である。武漢での感染拡大が報じられていた今年1月の時点で、その後、世界中を封鎖に巻き込む一大事にまで発展すると一体誰 ...

お知らせ

Thumbnail of post image 198

本プログラムの運営委員である、藤垣裕子先生の寄稿文を掲載します。『教養学部報』622号の転載となります(2020年11月4日)。

新型コロナウィルス感染症が提起する「科学技術と社会」の課題

新型コロナウィルス感染症への対応を ...