高校の授業で実施

2016年2月に首都圏にあるスーパーサイエンスハイスクールの国語の授業でnocobonを実施していただきました。

「思い込んでいたものが間違っていたなど、自らのリテラシーの低さを痛感するものが多くあった。(中略)もう一度自らの知識を洗いなおしたいと思う。」

「自分の知識を総動員するという複雑な思考処理が働き、それでも何人がかりかでやらないと答えにたどりつかない、ということに面白みと奥深さを感じた。」

などの感想をいただきました。そのほかのコメントや受講後のアンケート結果については、HPにあるのリーフレットをご覧ください。

nocobonのロゴ

cropped-nocobon_logoY01.jpg
nocobonのロゴには「何か」が隠れています。

わかりますか?

「真正面からのアプローチが徒労に終わったら、問題に側面から挑んでみましょう。」