連載エッセイVol.116を掲載しました

連載エッセイ大島まり

開かれた教育大島まり

今、社会が大きく変わりつつあります。また、ITやAIの発展により、労働環境も大きく変化しています。先行きがなかなか読めない現代社会の中で、将来を担う子どもたち、そして社会にとっても教育の果たす役割は大きいといえます ...

記事を読む

修了論文一覧/2016年度

修了論文アーカイブ修了論文

2016年度は7名がプログラムを修了しました。

11期生足立 理央じぶんごとの科学 ー「自由研究」活用法の検討ー11期生江頭 真宏シリアスゲームを利用した生活習慣病対策健康行動変容メカニズムの解析11期生江川 伊織臨床心理学にお ...

記事を読む

連載エッセイVol.115を掲載しました

連載エッセイ渡邊雄一郎

リスクを自ら考えていく姿勢を育てるには何をすればいいのか渡邊雄一郎

昨年の夏、海外に行った際に中東系の航空会社を初めて利用して面白い経験をした。離発着前には、どこの航空会社も機内の安全の説明をビデオで流すのが常である。国内の飛行機会社も ...

記事を読む

2/13(月)修了研究発表会開催報告

公開イベントのお知らせ, 受講生へのお知らせ発表会

2月13日(月)に駒場Ⅰキャンパス 21KOMCEE B1F レクチャーホールで、2016年度のプログラム修了予定者7名による、修了研究発表会を開催しました。

学内外の多くの方にご参加いただき、「科学と社会」をめ

記事を読む

2/13(月)修了研究発表会開催のお知らせ

公開イベントのお知らせ, 受講生へのお知らせ発表会

2016年度のプログラム修了予定者7名による、修了研究発表会を開催します。
「科学と社会」をめぐるさまざまなテーマをめぐって、活発な討議が期待されます。
一般公開ですので、多くの皆様のご参加を歓迎します。
入場 ...

記事を読む

連載エッセイVol.114を掲載しました

連載エッセイ長谷川寿一

科学離れは止まったのか?長谷川寿一

本インタープリター養成プログラムがスタートしたのは2005年、早11年の月日が経過した。設立当時の代表の黒田玲子先生、その後を引継がれた石浦章一先生は定年され、いつの間にか私が現役最年長教員である。と ...

記事を読む

連載エッセイVol.113を掲載しました

連載エッセイ廣野喜幸

「朗報」- S君へ 廣野喜幸

初めて会ったのは四半世紀ほど前、君が20歳くらい、僕が30歳くらいのころだったよね。予備校で医学系小論文を担当していた僕のところへ、よく質問をしにきたのだった。すでに2浪だった君とは2年ほどつきあったっけ。 ...

記事を読む

連載エッセイVol.112を掲載しました

連載エッセイ定松淳

遅ればせの水俣訪問定松淳

科学技術インタープリター養成プログラムで担当している授業で、私は水俣病の歴史を1セメスターのうち6回を使って紹介している。水俣病はさまざまな失敗とそれに抗おうとする人々の歴史であり、日本社会の問題点が凝縮されて ...

記事を読む

「科学と音楽」開催報告

お知らせイベント

「聞こえない超高周波を含む音が心を豊かにし躰を健やかにする~ハイパーソニック・エフェクトの発見~」を2016年11月7日に開催しました。

福島氏のコーディネートのもと、まず本田学部長が「ハイパーソニックの脳科学」と題し、脳 ...

記事を読む

連載エッセイVol.111を掲載しました

連載エッセイ鳥居寛之

科学情報とメディア鳥居寛之

科学コミュニケーションにおいて、メディアの影響力は大きい。特にテレビや新聞といったマスメディアは世論を形成するのに大きな力をもつ。

原発事故後の混乱で、政府も科学者集団もすっかり国民の信頼を失って ...

記事を読む

PAGE TOP