連載エッセイVol.75を掲載しました

連載エッセイ藤垣裕子

セクハラとエロティシズムの境界について藤垣裕子

今回は芸術作品のインタープリテーションから。

「プロセルピナの強奪」(Ratto de Proserpina)イタリア語ではそう書いてあった。高さ3メートル近く。公衆の面前に、 ...

記事を読む

連載エッセイVol.74を掲載しました

連載エッセイ真船文隆

いままで見えなかったものが見えるようになる真船文隆

兵庫県の理化学研究所播磨研究所には、X線自由電子レーザー、通称SACLAと呼ばれる、強いX線の光を出す巨大な施設がある。波長の短いX線で、波長0.1 nm付近の明るさは、既存の加速器S ...

記事を読む

連載エッセイVol.73を掲載しました

連載エッセイ岡本拓司

科学とそれ以外の知識岡本拓司

科学コミュニケーションなど、科学を外側から扱う領域(科学史や科学哲学もそうである)でまず取り上げるであろうと期待される問題は、「科学とは何か」というものであろう。ところが、論理実証主義や反証主義を経ても、こ ...

記事を読む

第7回公開シンポジウム「インタープリター養成から考えるこれからの理科教育の課題」

公開イベントのお知らせ

開催日時:2013年9月14日(土)13:00~17:00会場:東京大学駒場 I キャンパス 21KOMCEE B1F レクチャーホール

〒153-8902 東京都目黒駒場3-8-1 Map
[交通]京王電鉄井の頭線渋谷寄り出口 ...

記事を読む

連載エッセイVol.72を掲載しました

連載エッセイ山邉昭則

新しい時代のリベラルアーツを考える山邉昭則

タイトルは,筆者が今学期新たに開講したゼミの名称である。近年,国内外で教養教育改革について熱心な議論が行われている。私自身,中央教育審議会や日本学術会議,本学の関連資料などから多くを学んできた ...

記事を読む

連載エッセイVol.71を掲載しました

連載エッセイ廣野喜幸

なぜだろう、なぜかしら ダイ・ハード編廣野喜幸

小学理科の読本『なぜだろう、なぜかしら』シリーズについて、これまで3回(3年!)にわたり触れてきた。1955-6年に出版された同シリーズは、小学生から集めた質問に答える「ニーズ先行+広く浅 ...

記事を読む

連載エッセイVol.70を掲載しました

連載エッセイ定松淳

東大インタープリタープログラム再考定松淳

3月の末に総合研究大学院大学「科学知の総合化」プログラムの研究会で、インタープリター養成プログラムについて紹介する機会を頂いた。着任1年目を振り返る良い機会になった。

1年を振り返っ ...

記事を読む

PAGE TOP