連載エッセイVol.34を掲載しました

連載エッセイ山邉昭則

学問をとおしての出会い山邉 昭則

2010年の桜が咲き始める頃、白金キャンパス(医科研)のある敬愛する先生から内線をいただいた。こちらの新年度の方向性がクリアになり、ご報告を差し上げていたことへのレスポンスである。その先生と私の所属は、 ...

記事を読む

連載エッセイVol.33を掲載しました

連載エッセイ石浦章一

最先端の生命科学を学び伝えるのはやさしいことか?石浦 章一

東京大学の教員の皆さんに大学新入生の生命科学の知識レベルを説明するのは、少々骨が折れる。現在、理科生全員には生命科学を必修にしているため無理やり講義をしなければいけないのだが、 ...

記事を読む

修了論文一覧/2009年度

お知らせ, 修了論文アーカイブ修了論文

2009年度は10名がプログラムを修了しました。

1期生住田 朋久科学書籍の成立過程
~講談社科学出版賞受賞作を事例として~2期生荒川 雅科学の研究がなぜ必要なのか、文章で伝える2期生堀部 直人科学知識獲得支援のための“ ...

記事を読む

連載エッセイVol.32を掲載しました

連載エッセイ黒田玲子

ブタペスト宣言から10年黒田 玲子

1999年6月末、21世紀を目前に、世界中の研究・教育機関、学界、産業界、政府機関、マスコミなどの代表者がドナウ河に面した美しい町ブダペスト(ハンガリーの首都)に集まり、世界科学会議( WCS)が開催 ...

記事を読む

平成21年度課外研修実施のお知らせ

受講生へのお知らせ

今年度の課外研修を、下記の通り実施します。参加希望者は10月19日(月)正午までに山科へご連絡ください。なお、この研修は「科学技術インタープリター論2」(担当:山科)の一部となっています。受講生で参加を希望する場合は、原則としてこの授 ...

記事を読む

連載エッセイVol.31を掲載しました

連載エッセイ大島まり

研究をわかりやすく伝えるには大島 まり

最近、研究者が中学校や高校に出向いて行う出前授業や、一般の方々を対象にしたサイエンス・カフェが盛んに行われるようになってきた。このように科学技術の発展に第一線で携わっている研究者が、非専門家である ...

記事を読む

PAGE TOP