教養教育高度化機構シンポジウム開催

お知らせ, 公開イベントのお知らせ

2016年3月9日(水)、教養教育高度化機構シンポジウム『教養教育とアクティブラーニング』が開催されました。

第2部 アクティブラーニング体験ラボでは特任講師の定松教員が11期生の学生と共に登壇し、「少人数授業における工夫 ...

記事を読む

科学と音楽トークイベント「宇宙が奏でる音を聴く」開催のご案内

公開イベントのお知らせ

南米チリの砂漠に建設された「アルマ望遠鏡」が捉えた電波データをもとにオルゴール「死にゆく星のメロディ」が2014年に製作されました。
データをどのように音に変換したのか、クラウドファンディングなどの資金調達を経た製作プロセスに ...

記事を読む

連載エッセイVol.103を掲載しました

連載エッセイ渡邊雄一郎

余白と想像力渡邊雄一郎

この時期、さまざまな手書きの提出物をよむ。スペースは十分なのに、左上に小さく字を並べて書かれて広大な白い空間が残されているものが出てくる。PCのディスプレイ上のワープロにむかって、字を入力している感覚なのであろう ...

記事を読む

連載エッセイVol.102を掲載しました

連載エッセイ長谷川寿一

科学博物館の新しい形長谷川寿一

インタープリター養成プログラムの授業のうち、本年度から科学コミュニケーション論の一部を担当することになった。博物館、とくに科学系博物館(科学館)について、学生諸君とともに考えることにした。以前、駒場自然博 ...

記事を読む

Science Portalでプログラムの紹介

お知らせ

京都大学 修士2年の天野 彩さんが、「科学コミュニケーター養成講座のこれまでとこれから−英国インペリアルカレッジを参照しつつ考える」と題し、北海道大学高等教育推進機構科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP) 、早稲田大学 ...

記事を読む

連載エッセイVol.101を掲載しました

連載エッセイ廣野喜幸

『なぜだろうなぜかしら』 二つの文化編廣野喜幸

理科離れは中学以降進行する。小学生には理科好きがまだ多い。そこに、小学生を対象にした理科の副読本がマーケットとして成立する余地がある。私が知るかぎりでも9社から11シリーズが刊行されており ...

記事を読む

連載エッセイVol.100を掲載しました

連載エッセイ石原孝二

「合理的」なものに限る?石原孝二

来年4月に「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」が施行され、行政機関や事業者は「社会的障壁の除去」について「合理的な配慮」を行うことが義務付けられます。この「合理的な配慮」というのは一体何なの ...

記事を読む

連載エッセイVol.99を掲載しました

連載エッセイ鳥居寛之

風評と風化鳥居寛之

人は怖れる動物である。怖れることで身を守る。知らないものは怖い。知らないから怖い。怖いと思ったら怖くないものでも怖くなる。感情は理性に勝る。科学は理性。だから、感情を打ち消して科学を受け入れるのは難しい。正しく怖がる ...

記事を読む

連載エッセイVol.98を掲載しました

連載エッセイ藤垣裕子

人文・社会科学インタープリター藤垣裕子

「科学技術インタープリターがあるのなら、人文・社会科学インタープリターがあって然るべきだ」というのが前研究科長(現教育担当理事)の口癖であった。6月8日の文部科学大臣による「人文社会科学や教員養成 ...

記事を読む

連載エッセイVol.97を掲載しました

連載エッセイ岡本拓司

科学的社会主義岡本拓司「科学的社会主義」の語は、プルードンが『財産について』(1840年)の中で用いているが、自派の指針を指す語にこれを用いたのはエンゲルスで、特に『空想から科学へ』(1880年)の英訳(1892年)では表題にこれが使われた ...

記事を読む

PAGE TOP