連載エッセイ

Thumbnail of post image 064
科学技術と政治的判断佐倉統

この原稿を書いているのは2020年5月30日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の被害が広まっている最中だ。数か月前から世界中で同じ病気が蔓延していて、その対応策次第で各国首脳への国民からの支持に明 ...

連載エッセイ

Thumbnail of post image 153

あらためて、専門家と社会のギャップを考える佐倉統

2年前から理化学研究所の革新知能統合研究センター(略称AIP)を兼務している。人工知能(AI)と社会や倫理の関係を研究するグループの一員である。

AIには昔から興味があって、 ...

連載エッセイ

Thumbnail of post image 042
科学技術インタプリターとしての書評佐倉統

今年(2018年)の3月まで、『朝日新聞』の書評委員を4年務めた。とても楽しい仕事だった。

ぼくが書評のおもしろさに開眼したのは、大学院時代に読んだ、進化遺伝学者リチャード・ルウォン ...

連載エッセイ

Thumbnail of post image 047

ロボットと消しゴム付き鉛筆佐倉統

物心ついたときに鉄腕アトムや鉄人28号が活躍していた世代だから、ロボットやAIには格段の興味を持っている。とはいえ工学的なことは専門外なので、もっぱら、社会的・文化的状況に目がいく。その点で不思議なのは ...

連載エッセイ

Thumbnail of post image 085
テロと学会佐倉統

2016年の科学技術コミュニケーション国際会議(PCST)は、4月下旬にトルコのイスタンブールで開催される。この文章をみなさんが読むのは、もう会議が終わったあとだろうか。トルコ開催のニュースを2年前に聞いたときは、うれ ...

連載エッセイ

Thumbnail of post image 045

機械と人間は共存するのか?佐倉統

話題の映画《イミテーション・ゲーム》を見た。コンピュータの基礎になる計算理論を発展させ、計算機を作成したイギリスの数学者、アラン・テューリングの劇的な生涯を描いた名作だ。未見の方は、是非。

...