「渡邊雄一郎」タグの一覧

連載エッセイVol.115を掲載しました

連載エッセイ渡邊雄一郎

リスクを自ら考えていく姿勢を育てるには何をすればいいのか渡邊雄一郎

昨年の夏、海外に行った際に中東系の航空会社を初めて利用して面白い経験をした。離発着前には、どこの航空会社も機内の安全の説明をビデオで流すのが常である。国内の飛行機会社も ...

記事を読む

連載エッセイVol.103を掲載しました

連載エッセイ渡邊雄一郎

余白と想像力渡邊雄一郎

この時期、さまざまな手書きの提出物をよむ。スペースは十分なのに、左上に小さく字を並べて書かれて広大な白い空間が残されているものが出てくる。PCのディスプレイ上のワープロにむかって、字を入力している感覚なのであろう ...

記事を読む

連載エッセイVol.91を掲載しました

連載エッセイ渡邊雄一郎

かって肌で感じたインタープリター教育渡邊 雄一郎

落ち着いて博士論文をよむために久しぶりに図書室に行った。図書室の匂い――カビ臭かもしれないが――嗅覚はその静寂さとともに研究室に入ったばかりの頃を思い起こさせた。聴覚とも連鎖し、静寂の中 ...

記事を読む

連載エッセイVol.79を掲載しました

連載エッセイ渡邊雄一郎

譲り合いの精神と科学技術コミュニケーション渡邊 雄一郎

キャンパスで教室に向かう際によく学生と出入り口で鉢合わせする。駒場ではそのときに学生の方が先に通ろうとすることが多い気がする。自分たちの時代には相手がシニアであれば一歩ひく、あるい ...

記事を読む

連載エッセイVol.67を掲載しました

連載エッセイ渡邊雄一郎

スマートフォン普及のなかで問われる人間の能力渡邊 雄一郎

電車にのっていると、座席一列みな携帯電話,スマホをいじっている光景によく出くわす。便利なのはわかるが、人間の脳機能の一部がスマホに移行してしまっているようにみえる。スマホが体と一 ...

記事を読む

連載エッセイVol.55を掲載しました

連載エッセイ渡邊雄一郎

学術発表と科学者の関係・再考渡邊 雄一郎

ドラマ「家政婦のxx」が昨年末大いに話題となった。なぜにここまで視聴率があがるのか。人気俳優たちを起用した効果もあろうが。それはそれは不思議な筋書きである。ある状況から次への展開は現実社会では起 ...

記事を読む

連載エッセイVol.42を掲載しました

連載エッセイ渡邊雄一郎

2011年、最初に思ったこと渡邊 雄一郎

元日ポストをあけて年賀状の束を手に取ったとき、一番上に見えた字で正月から活をいれられた。恩師からの年賀状である。ひっくり返す前にだれかがわかる。字のインパクトである。年末に研究室の大掃除で冷蔵庫 ...

記事を読む

連載エッセイVol.30を掲載しました

連載エッセイ渡邊雄一郎

真の仕分け作業の意味渡邊 雄一郎

2010年度予算編成に先んじて、要求項目の吟味が新政権のもとで行われ、俗にいう仕分け作業が注目を集めたのは記憶に新しい。その公開のやりとりの場を、マスコミを通じて国民は見たわけだが、そこでは科学技術、研 ...

記事を読む

連載エッセイVol.17を掲載しました

連載エッセイ渡邊雄一郎

先入観から解き放たれるには?渡邊 雄一郎

昨今、食の問題に関して、非常に残念なニュースが続く。しかし、我々はただ不安をかきたてられる一方ではいけない。ここではヒューマンエラーといった部分ではなく、科学リテラシーに関連する部分についてかん ...

記事を読む

PAGE TOP